ニベア「薬用エクストラリペアボディミルク」をアトピー肌が使ってみた

こんにちは、はやのです。

今回は、ニベア「薬用エクストラリペアボディミルク」について、アトピー肌の私が使ってみて感じたことなどを書いています。

乾燥が原因で肌が荒れたりする方におすすめしたい製品です。

スポンサーリンク

外観

 このような白い箱に入っています

薬用エクストラリペアボディミルクの外観。箱に入っている

特徴

  • ドライスキンのための医薬部外品(薬用)ボディミルク
  • 皮脂不足で乾燥トラブルのある肌に
  • 乾燥によって荒れやすくなっている肌に対して、バリア機能を補い乾燥や外部刺激から守る「リピッドリペア処方」を採用

乾燥が原因の、「肌荒れ」や「粉ふき」で悩んでいる方のための薬用ボディミルクです

成分

全成分は以下です。

  • グリチルリチン酸ジカリウム*
  • グリセリン
  • ワセリン
  • ジメチコン
  • スクワラン
  • トレハロース
  • POE(9)ラウリルエーテル
  • 飽和脂肪酸グリセリル
  • セレシン
  • イソステアリン酸コレステリル
  • ヘキサデシロキシPGヒドロキシエチルヘキサデカナミド
  • 吸着精製ラノリン
  • レモングラス抽出液
  • BG
  • アクリル酸・メタクリル酸アルキル共重合体
  • カルボキシビニルポリマー
  • 水酸化ナトリウム液
  • フェノキシエタノール
  • パラベン

*は「有効成分」無表示は「その他の成分」

有効成分は「グリチルリチン酸ジカリウム」という炎症を鎮める作用のある成分。

合成セラミド(ヘキサデシロキシPGヒドロキシエチルヘキサデカナミド)などの保湿成分も配合されています。

参考 化粧品成分オンライン

使用感

ここでは、実際に使ってみた印象をご紹介していきます。

手に取ってみた印象

手に取ったところ

香りはないです。
白くて柔らかすぎないテクスチャー。手に取ってすぐに垂れてしまうというような水っぽさはありません。

気になる塗り心地は・・・

ひとことで言うと「シンプルな塗りやすい乳液」という感じです…(^^;

柔らかすぎず、固すぎないので広範囲にしっかりと塗れます。

塗った直後、すぐにしっとり馴染んでしばらくそれが続く感じです。べたつくというほどではありません。

 分かりにくいですが手に塗ってみるとテカリもなくなじみます。

塗るとしっとり

特に乾燥が気になるところには重ねづけで対応しています。

ここまでだとその辺にも同じような製品ありそうだなって感じですが、今回私が一番いいなと思ったのが「刺激を感じにくい」ところ。

アトピー肌のせいか、肌の乾燥やかゆみに年中悩まされており、低刺激の製品でも刺激を感じることがしばしば。

そんな中、こちらは乾燥で荒れていた範囲でも大きな刺激を感じることなく使えました。

なお、注意書きには以下の記載もあり、様子を見ながら使用しました。

傷、はれもの、湿疹等異常のあるところには使わない。

ひっかき傷などあるところはさすがにしみました。そういった部分には薬で対処することをおすすめします。

肌のコンディションにもよると思いますが、今回の私のように

普段の保湿目的で使っている乳液がピリピリしたりしみてしまう、でも何かしら塗って保湿したい

という場合には試してみる価値はあるかもしれません。

ちなみに「治す」製品ではないので、「ひどくなる前の予防」という感じで使用するのが良いかと思います。

まとめ

ニベアの薬用ボディミルクは、次のような方におすすめです。

  • 乾燥が原因で肌が荒れる
  • 普段の保湿に使っている乳液がしみる
  • 塗り心地はさっぱり系よりもしっとり系が良い

 

あまり残念な点はないのですが、気になるとすれば以下の点です。

・すぐに使いたいと思ったときに、冬の乾燥シーズン以外は扱っていない店舗が多い気がする…
・他のニベアと比べると少し高い

肌トラブルが気になる時に、試してみてはいかがでしょうか。