【レビュー】鼻の下の荒れに「モレナ ビカナース」を使ってみた

アトピー肌のせいか、よく肌荒れするのですが、特に鼻の下が荒れることが多いです。

花粉シーズン以外にも引き起こしていたので、鼻の下の荒れにはいろいろ自分でも対策をしていました。

赤みが出たりすると目立つので困ります…

そんな中、何か良いものはないかと探していたところ、「モレナ ビカナース」という製品が良かったのでレビューします。

スポンサーリンク

モレナ ビカナースってどんな製品?

ビカナースパッケージ

モレナ ビカナースは、ゼリア新薬工業から販売されている薬用クリームです。500円前後で購入しました。
鼻の下の荒れやひりひりへのケア製品で、花粉症のシーズンにも重宝しそう。

外観

約8cmのスティックタイプ

クリームは固形タイプになっており、見た目は細めのリップクリームといった感じ。携帯性◎。
長さは約8cmで、内容量は3.5g。

成分

全成分は以下をクリックすると一覧が開きます。


〈有効成分〉グリチルレチン酸ステアリル、γ-オリザノール

〈その他成分〉白色ワセリン、キャンデリラロウ、パルミチン酸2-エチルヘキシル、マイクロクリスタリンワックス、カルナウバロウ、ポリエチレングリコール1000、パラメトキシケイ皮酸2-エチルヘキシル、マカデミアナッツ油、エーデルワイスエキス、ホホバ油、オリブ油、メチルポリシロキサン、ジラウロイルグルタミン酸リシンナトリウム液、セレシン

 

特徴的なものは、以下の3つです。

  • グリチルレチン酸…炎症を防ぎ荒れを緩和する
  • γ-ガンマオリザノール…皮膚を保護する
  • エーデルワイスエキス…天然植物保湿成分

続いて効能効果は以下です。

〈効能効果〉

肌あれ。あれ性。しもやけ・ひび・あかぎれ・にきびを防ぐ。かみそりまけを防ぐ。日やけ・雪やけ後のほてりを防ぐ。肌をひきしめる。肌を清浄にする。肌を整える。肌膚をすこやかに保つ。皮膚にうるおいを与える。皮膚を保護する。皮膚の乾燥を防ぐ。

効能効果を見た感じ、鼻の下以外にも、ちょっと気になるところに部分的に使えそう…!

使用感

塗り心地

白色の固形クリーム

見た目は白色、香りはありません。

付け始め、一瞬ざらつき?(細かい粒子のようなもの)を感じますが、塗った後はざらつきはなくなり、なめらかに密着します。

手に塗ってみたところ

テカリやベタつきもそれほど気になりません。メイクの上からでも使用できます。

メイク時はファンデを薄づきにして、上からやさしく塗るようにすると、それほど浮いて見えず。メイク直しの時や、気になったタイミングで数回塗る感じにしました。

【経過】赤み・ひりひりに使ってみた

継続して鼻の下の赤み・ひりひりに使用してみた結果です。一個人のものなので参考になるか分かりませんが…汗

  • 〈使い始めて2日〉赤みが少しおさまってきた
  • 〈1週間〉赤みは少しあるがひりひりはましになってきた
  • 〈2週間〉赤みやひりひりがなくなった
  • 時々ぶり返しそうになるので、その後も乾燥時は朝と夜に塗布

 

ひりつきが特に気になる場合、在宅時は

【①ホホバオイルを塗る⇒②数分後ビカナースを塗る⇒マスクで保湿⇒①②を繰り返す】

で過ごすようにしていました。

ホホバオイルは、ビカナースにも配合されていました(^^;

良いところ

  • 使いやすい…サッと取り出してサッと塗れる
  • テカらない…メイク時、外出時でも使える
  • しみにくく、保湿できる…荒れた肌にもやさしく保湿ができる。お子さまから使えます

この中で最も良いなと思ったのが「テカらない」というところです。

ワセリンやクリーム・スキンオイルなど、乾燥時の対策アイテムは豊富。しかし、テカリやべたつきが気になり、外出時にはあまり使いたくないと感じてしまうこともあります。

この「ビカナース」は、テカリやべたつきがそれほど感じられず、外でも使いやすいというのが特に気に入っています。

気になるところ

  • 見た目がリップクリームと間違えやすいかも?(画像)
    リップクリームと形状が似ているので間違えそう
  • 荒れがひどいときは、塗っても滲出液がでてきたりしてすこしヒリヒリを感じた

荒れて間もない時や、治りかけのタイミングで使ったほうがより効果的に感じました

まとめ

モレナ ビカナースは、以下のような方におすすめです。

  • 鼻の下の荒れ、乾燥による赤みが気になる
  • 鼻の下が乾燥していてメイクものりにくい
  • 鼻の下の肌荒れや乾燥、いつでもどこでも手軽にケアしたい

鼻の下の肌トラブルでお困りの方、ご興味ありましたら一度試してみてください。