スマホやPCによる疲れ目対策にも!パナソニック「目もとエステ」でスッキリ

こんにちは、はやのです。

最近毎日スマホやパソコンの画面を見ているせいか、目の疲れを感じることが多いです。

液晶を「ブルーライトカットモード」にしたり、目の疲れに効果があるといわれるツボを押してみたり・・・いろいろ試していたなか、パナソニックの「目もとエステ」というものがよかったのでご紹介します。

スポンサーリンク

パナソニック「目もとエステ」

ちなみに私が今回使用したのは「EH-SW51」というもので、現行のタイプ(EH-SW66)より古いものです。確か13000円位で購入したものですが、買って満足してしまい、そのままになっていました・・

 

 見た目はこんな感じ!
EH-SW51

 

 付属で頭部に固定できるバンド、充電用アダプターが入っていました。コンセントで充電して使います。
EH-SW51充電プラグと固定バンド

使い方はカンタン

 この「目もとエステ」には、小さい穴がたくさん開いたプレートがついており、これを水道水で濡らし本体にセットして使います。そして、この水分が蒸気となって目もとにひろがります。
給水プレート

 

 本体スイッチ部分で温度(低・高)、リズム(1~3)を選ぶことができます。EH-SW51スイッチ部分

  • 低温:約38℃
  • 高温:約40℃

  • リズム1:ゆったり・弱め(約12分)
  • リズム2:強弱の変化あり(約12分)
  • リズム3:ゆったり(クイック、約6分)

スイッチをつけてすぐ、本体のバイブレーション機能で目もとがマッサージされます

使用感

最初に目もとにのせた時は、振動時のカタカタという音と、目に響くような感覚が気になりましたが、2回目からはあまり気にならなくなりました。

しばらく(2分くらい)経つと、目もとが蒸気でほんの~り温かくなって、気持ちいいです。熱いという感覚はないですが、目もとが保湿されるのと、程よい振動で目もとの緊張がほぐれるような感覚で、スッキリします。

のせた途端にアツアツの蒸気を感じる蒸しタオルとはまた別の心地よさです

 肌に当たるシリコン部分と本体は取り外せるのでお手入れも楽にできます。
EH-SW51本体とシリコン部分

ちなみに、現行のタイプは、ファンが内蔵されて蒸気の量が従来品の約2倍、温感もより感じられるようになっています。アロマが楽しめるタイプもあるそうで、よりリラックスできそうです。

これを寝る前の時間に使うようになってから、寝つきが良くなったように感じます。目もともほぐされて、気持ち良いです。

花粉症の時期、私は目がショボショボとしてしまうのですが、そんな時にも目がスッキリとします。

「目のあたりが何となく重い」「長時間酷使した目を休めたい」…そんな時にぜひおすすめしたいリラックスアイテムです。

リラックス以外にも、保湿されることでアイメイクのノリもよくなったと感じています。

注意書きにはアレルギー肌・アトピー性皮膚炎等の方は使用しないようにとの記載があります。私はアトピーですが使ってしまっていました…これまで使用して皮膚の状態が悪化したことはありませんが、もしもこれから使用を検討されている方はくれぐれもご注意ください。

もっと気軽に使いたい方には使い捨てタイプのアイマスクがおすすめ!

「目もとエステ」は立体的なので持ち歩くには荷物になってしまいそう…気軽に試すにはちょっと値段も高め…

という方は、めぐりズム「蒸気でホットアイマスク」がおすすめです。使い捨てですし気軽に使えます。香りの種類もたくさん出ているので、その時の気分によって選べるところがいいですね。

少ない枚数からそろっているので、お試しで使うのにちょうど良いです。

個人的には先ほどの「目もとエステ」よりも温かさを感じられると思います。寝る前につけると、リラックスでき寝つきも良いように感じます。