【アトピー肌】極度の乾燥と荒れにイハダトライアルを使ってみた

こんにちは、はやのです。

アトピー肌の私にはつらい花粉の季節。風も強く、あらゆる刺激から顔を守る飲み薬とマスクは欠かせません。

それでもかゆみや赤み、肌荒れでいつものスキンケアでは対処できなくなってしまい、ネットやCMでも時々見かける「IHADA(イハダ)」のトライアルセットを試してみることにしました。

IHADAトライアルセットのパッケージ

 イハダトライアルセット

この記事では、アトピー肌の私がイハダのスキンケアを使ってみた感想についてまとめたものです。一個人が感じたことを書いていますので、「こんな人もいるんだ」程度にご覧ください。

スポンサーリンク

使用したときの状態

参考までに、イハダトライアルセットを使用する直前の私の肌状態をお伝えします。

おでこや鼻の下、口元が特に荒れていた…

  • 部分的に乾燥、吹き出物
  • かゆみやヒリヒリ感が一日中続く⇒かゆみは処方された飲み薬で対処
  • 腫れてしまった箇所もあり⇒処方されたステロイドを塗ったら悪化してしまった…
  • 皮むけがひどい
  • 化粧は全くのらない。ファンデを無理やり塗るとものすごく浮いて悪目立ちしてしまう

上記の症状が特にひどかったのが、上の図の薄いピンク色の箇所(おでこ・鼻の下・口もと)でした。半年は続いているでしょうか。。。とりあえず基礎的なスキンケアに乾燥がひどいところにはワセリンを使う…などしていました。ちなみにヒルドイドも使いましたが効果なしでした。

IHADA(イハダ)トライアルセットの中身や使用感

資生堂のイハダトライアルセット(とてもしっとり)の中身・使用した感想を簡単にまとめています。

IHADAトライアルセットの中身(3種)

2018年@cosmeベストコスメアワード第1位を受賞

上記の画像左から、

  • 薬用ローション(25ml)
  • 薬用エマルジョン(15ml)
  • 薬用バーム(5g)

3つのスキンケアが入った【12日間分】お試しできるセットです。

特徴は、①敏感肌でも使える ②低刺激である というところ。

高精製ワセリン配合で、肌のうるおいバリア機能を保護しすこやかで美しい肌に必要なうるおいで肌を満たします。さらに、肌荒れを未然に防ぐ有効成分を配合しました。
引用:イハダトライアルセットパッケージ

一言でいうと高精製ワセリン+抗炎症成分を配合した医薬部外品」ですね

薬用ローション(とてもしっとり)(25ml)

薬用ローションのテクスチャー

無色透明のテクスチャーで、香りもありません。少しとろみがあるように感じます。

肌にのせると、すぐになじみ着け心地は良いです。つけた感じとしては、無印・敏感肌用化粧水「しっとり」に似ているような…

薬用エマルジョン(15ml)

薬用エマルジョンのテクスチャー

乳白色のテクスチャーで、こちらも香りはありません。塗った感じはみずみずしいです。のびが良く、べたつきは特別感じませんでした。

薬用バーム(5g)

薬用バームのテクスチャー

乳白色のバームは「クリームよりも固め、ワセリンよりも柔らかめ」なテクスチャー。肌に載せた直後はかためな感じですが、少し経つととろけてクリーム状になります( 伸ばすと以下画像のような感じ)。

バームは良く伸び、ややツヤがある

その特性か、ガサガサになっているところにもサッとなじみ、よく伸びます。べたつきも、ワセリンほどではありません。

私は保護目的でワセリンをよく使用しているのですが、ワセリンよりも軽い塗り心地で気に入っています。

ただ、塗った後のテカリが気になります…メイク時は特に(^^;

※ここで記載した使用感は、当初よりも少しだけ肌の状態が良くなってからのものです。事情については以下をご覧ください。。

イハダを使ってどうなった?

私がイハダのスキンケアを使ってみた感想をお伝えしていきます。結論としては使う時期を間違っていた(もう少し状態を良くしてから使うべきだった)と思っています。

使った瞬間の衝撃!

なんとローションを付けた瞬間に、ヒリヒリっとした感覚があり、徐々に熱をもってしまいました。一番荒れていない箇所を選んでいたにも関わらずこんなことになり、ショックでした(泣)

とりあえず水で洗い流し、この日はイハダの使用を中止しいつものスキンケアをつけて寝ました。

試したこと

イハダは自分の肌質には合わないのか?この状態で使ったのが良くなかったのか?それでも今の状態をどうにか改善したい!(それにまだ1回しか使っていないのにもったいないような・・・)

そんな思いから試したことは、とにかく肌に刺激を与えない・保湿を心掛けることでした。

  • 朝の洗顔は水のみ
  • こまめに水で洗顔⇒すぐに保湿
  • スキンオイルを使う&馬油のクリームを塗布
  • ピリピリするときは蒸しタオルor冷やす

途中皮むけなどは続いていましたが、腫れは数日でわずかに落ち着いてきたように感じました。もっと早くに徹底していればよかった…。

再びイハダを使ってみた

話が脱線しましたが、腫れが落ち着いてきたところで、再びイハダを使ってみました。この時は、まだかゆみや赤み、皮むけはありました。

ローション・エマルジョン

少量ずつ、直接手で付けたところ、1回目に感じたような刺激はありませんでした。

私は普段、化粧水の直後に乳液を付けると刺激を感じることがあるので、念のため数分間をあけて使用していましたが問題ありませんでした。

バーム

これは今までワセリンを塗っていた箇所に使いました。

何日か使用して気付いたのですが、すでに荒れている(かゆみなどある)ようなところに塗ると、より赤くなったりかゆみを感じました。一方で、乾燥のみひどいところに塗ると、多少落ち着いたように感じました。

結論:12日間のお試しセットを使用してみて

イハダの薬用スキンケアを使用しする前と後の変化は以下です。

  • 【使用する前】荒れや乾燥の範囲がどんどん顔に広まっていた。何もしなくても熱を持っている&ひりひりした感じがあった
  • 【使用してから】範囲が拡大することは無かった

既に荒れていて、治療の必要な状態なのに「薬用だからきっと大丈夫」という謎の思い込みや、「これさえ使えばよくなるはず」と過信してしまったのはよくなかったな~と思います

あくまでもイハダスキンケアラインは「治す」ではなく「予防」が目的の製品です(^^;

私の肌状態は治ったとは言えないですが、「使わないよりは良い状態」です。少なくとも使ってみてよかった!とは思いました。

まとめ:肌トラブルの「予防」に使いたいイハダの薬用スキンケア

イハダのトライアルセット、ローションとエマルジョンはおおむね12日で使い切りました。

バームは部分的な使用なので、まだ3分の1くらい残っています。これは使う方の状況にもよると思います…

バームは使いやすかったので、無くなったら本製品を購入しようと思います

ということで、イハダトライアルセットを使ってみて私が感じたことは以下です。

  • 荒れすぎていると(腫れがある、掻いてしまった、など)刺激を感じることがある
  • 軽いもの(乾燥だけ、など)なら刺激もなく、肌の調子が徐々に整う

そして、このスキンケアは肌荒れや乾燥の「予防」として使うと実力を発揮すると思います。

今回の私のように既に荒れている状態、つまり「治療」が必要な場合はイハダでも販売しているような医薬品等で対処してから使ったほうが良い場合もあります。

たとえば以下のような…こちらはノンステロイドです。

最後、取り留めのない文章となってしまいましたが、もし「イハダってどうなんだろう」と思われたら、1,000円以下で購入できますし、本製品の前に一度トライアルセットでお試しされることをおすすめします。

この記事が参考になれば嬉しいです。

資生堂 イハダ薬用スキンケアセット(とてもしっとり)
くすりの勉強堂@最新健康情報
¥ 918(2019/06/04 15:26時点)