docomoからIIJmioに乗り換え!スマホ代を5分の1に節約

こんにちは、はやのです。

通信費の節約をしたくて、この度docomoからIIJmio(みおふぉん)へ移行しました。今回は「docomoからIIJmioに番号も機種もそのままでのりかえした」時のことを書いていこうと思います。

docomoを使っているが格安SIMへの乗り換えに興味がある…という方の参考になれば幸いです

 

情報は管理人が乗り換えた当時のものです。現在とは変わっている可能性がありますので、プランや手続きの詳細については各会社の公式HPにてご確認ください。

なお、記事中に出てくる価格はすべて「税抜き」のものです。

スポンサーリンク

docomoの時はこんな状況

参考までに、docomoを利用していた時の私の状況です。

docomoは保障・サポート・通信など様々な面において安定したサービスが魅力ですが唯一、料金がネックでした

  • 高校生で初めて携帯を使い始めた時から、かれこれ15年程docomoにお世話になっていました
  • スマホ代は月8000円弱【内訳:3GBのパケットプラン・かけ放題・spモードの他、留守電などのオプション】でした
  • ネットはニュースをみたり、調べものをする程度。動画やゲームは時々。通話はほぼしないのでとても高く感じていました。3GBの高速データ量をよく余らせていました

IIJmioを選ぶ際に重視したポイント

乗り換えを決意したのはいいものの、格安SIMについての知識はほぼゼロ。どこの会社にするべきか迷いました…

悩みながらも、IIJmioの

「ミニマムスタートプラン タイプD・音声通話機能付きSIM(3GB/月):1600円」というプランを選びました。

詳しくはこちら IIJmio(みおふぉん)

IIJmio

 

会社を選ぶにあたっては以下の5つを重視しました。

  • docomo回線であること
  • 価格
  • プランのわかりやすさ
  • 実店舗で取り扱っている
  • 会社に対するイメージ

docomoの通信網であること

docomo回線のSIMを扱う会社はかなり多いので、結果的にはあまり気にしなくても良かった点でした。

価格

価格は他の会社の同等のプランと比べても大差はありません。しかし、契約するタイミングによっては、キャンペーンでかなり初期費用が抑えられます。

結局は、自分の使い方に合った価格があるかどうかを一番に重視しました。

プランのわかりやすさ

初めて乗り換えしたので、プランの数も多すぎず、内容がわかりやすい会社を探すようにしました。

実店舗で取り扱っている

万が一うまくできなかった時のために、有料でもサポートをしてくれる店舗があると安心です。

調べたところ、IIJmioのSIMを扱う実店舗(カウンター)があることがわかりました。中には即日開通の他、SIMの追加・再発行・サイズ変更などの対応をしている店舗もあります。

会社に対するイメージ

これは単なる気持ちの問題ですが…これまでdocomo以外を考えたことがなく、初の乗り換えだったので、個人的には少し不安な点でした。ですが、利用者も多く使いやすそうなところが決め手となりました。

以下の点からも、安心して利用できるかなと感じました。

IIJmio
  • 国内MVNO市場のシェア・利用者の満足度 共に1位の実績
  • 通信会社としては設立25年以上の老舗

docomo解約~IIJmio申込~契約までの大まかな流れ

docomoを解約してから機種・番号をそのままでIIJmioを開通するまでの流れをざっくりと紹介します。

大まかな流れ
  1. MNP予約番号をとる(無料)
    ~~この間、docomoでの解約手続きは不要で、何もしません。~~
  2. IIJmioに申込みをする
    ~~本人確認等あり。SIM届くのを待つ(3、4日程)~~
  3. 届いたSIMカードを端末にセットし、APN設定と開通の手続きをする。
  4. IIJmioでの開通が確認されると、自動的にdocomoは契約終了に。

注意しておきたいこと

MNP番号を取得するタイミング

MNP予約番号の有効期限は予約番号発行日を含め15日間です。
IIJmioお申し込み時に、MNP予約番号の有効期間が7日以上残っている必要があります。

引用:IIJmio|他社から乗り換え(MNP転入)

MNP予約番号は取得するのに4日ほどかかるといわれています。また、移行する番号は契約者本人の名義になっているか確認しましょう。

端末代金の支払いは済んでいるか

docomoで機種変更をすると、端末代を分割で支払うこともあるかと思います。

この端末代を完済する前にdocomoとの契約を終了してしまうと、残りの支払い額が高くなってしまうことがあります。まだ支払いが途中の場合は確認しておくことをおすすめします。

docomoでの契約内容

定期契約をしている場合は、解約月も重要。契約満了月の翌月、翌々月以外に解約すると解約金が9500円かかってしまいます。ご自身の契約の内容は My docomoで確認できます。

私の場合はdocomoの契約が10年以上で、かつ以下に該当していたため、解約金は3000円のみで済みました。

FOMAからの契約変更時に「ファミ割MAX50」「ひとりでも割50」「ビジネス割50」「オフィス割MAX50」が未契約かつ継続利用期間が10年超のご契約回線、または「タイプXi にねん」の契約期間更新時もしくは「タイプXi」から「タイプXi にねん」変更時に継続利用期間が10年超となるご契約回線のお客さまなどは、契約期間が1年単位かつ解約金が3,000円となります。

引用:タイプXi にねん:ご注意事項|NTTドコモ

 

不安な場合はドコモショップなどに聞いてみることをおすすめします

今の機種のままで使えるか確認しよう

私は、docomo回線のプランで、docomoの機種を使うので、SIMロック解除はしなくても大丈夫でした。IIJmioでお使いの端末が動作確認されているかチェックしてみましょう。

以下で確認してみるのが確実です…!ちなみに、私が使用している「F07E」という機種は該当していませんでしたが、問題なく使えました。

参考 動作確認端末|IIJmio

クレジットカードの準備

IIJmioでの支払い方法はクレジットカードのみ。契約者本人の名義になっている必要があります。

バックアップは適宜

機種はそのままだったので、docomoメールの受信トレイなどは見ることができます。電話帳やLINEもそのまま使えました。

かかった費用

私が乗り換えの際、かかった手数料等は以下のとおりです。

〈docomo〉解約金3000円+MNP転出手数料2000円=5000円 〈IIJmio〉事務手数料3000円 合計8000円

(※解約金は契約内容によって異なります。)

docomoでかかった費用(5000円)は、乗り換えをした翌々月に引落しされていました。この他、IIJmioの利用料は日割りで請求されていました。

事務手数料はキャンペーンで安くなっていることがあるのでタイミングが良ければお得です!

乗り換えてからの変化

プラスの変化

乗り換えをして、以下の2点が私にとっては大きかったです。

  • 料金
  • 自由度

料金が減った!

一番はやはり、通信料の変化です。

これまでは同じデータ容量で毎月約8000円の利用料金だったのが、1600円になりました。

 

5分の1!

約8000円 → 1600円

年間にすると、約96000円 → 19200円。同じ使い方でも、約76000円の節約になります。

月々の料金がぐっと下がり、経済的にゆとりができました。

自由度が増えた!

格安SIMへ乗り換えをしたことで、プランの変更・解約等に対する制限が少なくなったと感じています。

例えば、プランは月単位で変更が可能なので、データ容量をより有効に使うことができるようになったこと。

また、解約の縛りがないので、他の会社への乗り換えも自由なタイミングで検討できるようになったことなどです。(※通話SIMの場合は1年以内に解約すると手数料が発生します)

docomoの時は、複数のオプションや割引が適用されていて、自分の契約しているプランについてよくわかっていませんでした。

これまでプランの見直しをしてこなかったことが悔やまれます…

プランの内容がシンプルになったことで、自分に必要なサービスはどれかということが明確になりました。

マイナスの変化

結論から言うと、マイナスの変化については大きく感じていないのですが、あえて挙げると以下の5点が乗り換える際、気になったところです。

  • キャリアメールが使えなくなった
  • 通話料が高くなった
  • docomoのような手厚いサポートが受けられなくなった
  • 機種が壊れたりした場合の保障がない
  • 速度はキャリア程の安定はないと言われている

このように、乗り換えをしたことでいくつか不便になる面も出てきます。ただ、これらは無料のサービスや有料オプションを利用することで解消されるものばかりです。

ここでは私が利用した無料のサービスの他に、IIJmioで用意されているオプションを交えてご紹介していきます。

キャリアメールが使えなくなった

フリーメールで対処

docomoで利用していたメールアドレス(@docomo.ne.jp)は利用できなくなります。LINE等の無料通信アプリか、無料で取得できる「Gmail」「Yahoo!メール」で代用できます。

私はAndroidのスマホを使っており、Googleアカウントを既に取得していたので、スムーズにGmailに移行できました。

通話料が高くなる

無料のアプリや有料オプションで対処…「通話定額オプション」(各月額830円・600円)

通話料は「30秒で20円」と高くなります。

「みおふぉんダイアルアプリ」というアプリを使って発信すれば通話料が半額の「30秒で10円」になります。

無料でダウンロードできますし、それほど手間もかかりません。また、有料オプションで、「通話定額オプション」があります。

通話が長い人向け・短い人向け(各月額830円・600円)と2通り用意されています。

docomoのような手厚いサポートが受けられなくなる

 有料オプションで対処…スマホの操作サポート(月額500円)

スマホの、ちょっとした操作で迷ってしまうことはありませんか?

「スマホの操作サポート」では、基本的なスマホの操作について電話等で教えてくれます。スマホの画面をオペレーターの方と遠隔で共有し、操作を代行をお願いすることもできますよ。

機種が壊れたりした場合の保障がない

 有料オプションで対処…つながる端末保障(月額500円)

docomoで購入した機種でも、IIJmioを利用中に故障した時には修理や交換をしてくれるオプションです。(※修理は無料、交換端末の提供は有料)

速度はキャリア程の安定はないと言われている

 場所や時間帯など、その時の状況で違ってくるかも

通勤・帰宅・お昼の時間帯はつながりにくいという話をよく耳にしますが、私自身は特に遅いという実感はなく快適に使っています。


有料オプションと聞くと気が引けますが、上のオプションに全て加入しても2000円以下で済みます。

私は加入せずに無料のアプリやフリーメールのみで済ませています(^^;

格安SIMを利用する際は、このようなオプションがあることを知っているだけでも安心できるなあ、と感じました。

IIJmioの機能面での特徴

実際に使ってみて、便利だと感じた機能3つを挙げてみます。

アプリで速度切り替えできる

「IIJmioクーポンスイッチ」というアプリで、通信の速さ(高速・低速)を切り替えることができます。

低速でもWEB閲覧くらいはストレスなくみられるので、「動画を観たい時は高速にする」など、高速通信のデータ量を有効に活用できるところが便利です。

低速時に役立つバースト機能

バースト機能は、低速モードでも、はじめの一定量だけ高速通信になる機能です。高速データ分をうっかり使い切ってしまったときに低速になってしまいましたが、この機能があることで少し快適になりました。

余ったデータ量は繰り越せる

もしも高速のデータ量が余ったときは、翌月に繰り越して使えます。私はdocomoの時、月末時点で少しだけ余ってしまうことがよくありましたが、繰り越せることで無駄のない使い方ができるようになり、すっきりとしています。

 

この他、災害時の緊急警報なども届きます

こんな人におススメ

MVNOへの乗り換えは、以下のようなかたにおすすめです。

  • 月々のスマホ代を抑えたい
  • キャリアメールは使っていない
  • 電話はあまりしない、もしくは無料通信アプリ(LINE等)でしている
  • セキュリティー対策や機種の変更、故障、操作が分からないときの対処は自分でも何とかできそう

ネットの申し込みが不安…

申込はスマホでもフォームに入力したりするだけで簡単に行えます。

しかし、顔の見えないやりとりが不安…という方は、ビックカメラで扱っているBICSIMがおすすめ。追加料金が発生しますが、「初期設定は店員さんにしてもらえる」というオプションサービスもあるので安心です。

以下の4点を事前に準備しておけば、スムーズに即日乗り換えできるかと思います。

  • 本人確認書類
  • MNP予約番号
  • キャリア(docomo)以外のメールアドレス
  • 契約者本人の名義になっているクレジットカード

詳しくはこちら BIC SIMカウンターのご案内

おわりに

ここまでdocomoからIIJmioに乗り換えをした時のことをまとめてきました。

自分自身、良く知らないものには手を出さない性格なので、乗り換えることをためらっていました。しかし、今回思い切って乗り換えてみてよかったです。節約以外にも、今の自分にあった使い方を自分で選択・判断できるようになったことが大きいです。

乗り換えをしようか悩まれている方の参考になれば嬉しいです


IIJmio(みおふぉん)

タイトルとURLをコピーしました