手順は?費用はどのくらい?DMMmobileからIIJmio(みおふぉん)にのりかえました

先日、DMMmobileの事業者が楽天に変更となりました。

しかしこれによって、すぐにDMMmobileでの契約内容が変わることはありません。しいて言えば、毎月もらえるDMMポイントが楽天ポイントになることくらい。

スマホも調子がいまいちで新しくしたいけど、中々安いの見つからない(DMMは売切れだった)・・

など思うところがあり、これを機に以前利用していたことのある「IIJmio」にのりかえすることにしました。

本記事は「DMMmobileからIIJmio(みおふぉん)にのりかえ」した時のことをまとめたものです。

ちなみに電話番号はそのままで、端末も一緒に購入しています。

むずかしい点もなく、スムーズにのりかえできました!

    \公式でチェック/
スポンサーリンク

IIJmioを選んだ理由

なぜ のりかえ先にIIJmioを選んだのか?その理由は3つありました。

  • 理由① 前に利用したことがあったから

3年程前まで、IIJmioを利用していました。

当時は初めて格安SIMを契約したのですが、初心者にもわかりやすいプラン体系であったため、安心して使っていた記憶があります。


  • 理由② IIJmioはDMMmobileの「MVNE(仮想移動体サービス提供者)」

IIJmioはDMMmobileに回線を貸しています。なので、DMMmobileからIIJmioにのりかえた後も通信状況に大きな変化はないはず(、と予想)。

「他の通信会社に変えたがつながりにくくなってガッカリ」するのを避けたかったので、比較的通信状況が安定しているIIJmioを選ぶことにしました。


  • 理由③ キャンペーンを開催していたから

特典内容は都度異なりますが、タイミングが合えばちょっと得できます。

ちなみに私が契約したときは「端末のセール&初期費用が1円になる」キャンペーンでした。

IIJmioはわりと頻繁にキャンペーンを開催しているので、のりかえを検討されているならぜひ、公式サイトをチェックしてみてください。

    \公式でチェック/

DMMmobileからIIJmioへのりかえる手順

つぎの条件でのりかえをしました。

  • 電話番号はそのまま(IIJmioにMNP転入)
  • 新機種も同時に購入

1.DMMmobileでMNP予約番号を発行

ちょっと長くなってしまったので別記事にて記載しています。実際に予約番号発行にいたるまでの画面ものせていますので、ぜひ参考にしてください。(作業はスマホで行いました)

詳細【画像あり】DMMmobileでMNP予約番号を発行する手順

2.IIJmioにプラン申し込み

IIJmioの申込で必要なもの
  • クレジットカード…IIJmioの支払方法はクレジット払いのみ。本人名義のものが必要
  • 身分証明書…音声SIMの場合、運転免許証やマイナンバーカード等の身分証明書が必要

詳細お申し込み・契約について|IIJmio」「本人確認について|IIJmio

ネットで申し込む場合は、身分証明書を撮影した画像をアップロードします。

MNP予約番号の有効期限には余裕を持った状態で、IIJmioで希望のプランを申し込みます。

IIJmioのプラン
ミニマムスタートプランライトスタートプランファミリーシェアプラン
月額1,600円2,220円3,260円
バンドル
クーポン
3GB9GB12GB
SIM枚数1枚(最大2枚) 1枚(最大2枚) 3枚(最大10枚)

申込ページ IIJmio(みおふぉん)

申し込み画面の中で、MNP予約番号を入力する箇所がありますので、確認してコピーまたはメモ等しておくとスムーズです。

MNP予約番号の確認方法

DMM会員ページのマイページメニュー( )⇒「My トップ」と進み、下部へスクロール。
「ご利用状況」の欄にある「MNP転出手続き中」を選択するとMNP予約番号と有効期限が確認できます。

くわしくは 【画像あり】DMMmobileでMNP予約番号を発行する手順 に記載しています。

申し込みはフォームにしたがって進めていきます。

申し込み画面の一部
確認画面の一部

申し込みが済んだら、IIJmioからSIMカードと端末が送られてくるのを待ちます。なお、発送の準備が整うと、メールにて通知が来ます。

3.のりかえする前にやったこと

私がIIJmioに のりかえる前にしておいたことは2つありました。

人によっては必要ないかもしれませんが、私自身は「しておいてよかった」と思いました。

  • バックアップ

機種も変えるので、バックアップが必要なものはとっておきます。

端末が使える状態なら、新機種に移行した後でも移動はできます。が、面倒なのでバックアップできるものはしておきました。


  • 高速データ容量の消費

DMMmobileのSIMはIIJmioで開通の手続きをするまで使えます

せっかくの高速データ容量、DMMmobileとの契約が終われば捨てることに…高速データ容量が2GB近く余っていたので使っておきました。

YouTubeをみまくって消費しました。

4.IIJmioからSIMが届いたら開通の手続き

IIJmioの音声SIM・端末のセット

私の場合は、スマホでの申し込みから約3日で自宅に届きました。

丁寧に梱包されている
丁寧に梱包されていました

中には、以下のものが入っていました。

  • 端末(SH-M08)
  • 音声通話SIM
  • 明細書
  • おうちでナンバーポータビリティ―開通手続きの説明書
  • IIJmioクーポンスイッチ「みおぽん」操作マニュアル
  • チラシ類
IIJmioの端末+音声SIMセット
箱のなかみ

SIMと一緒に購入したAQUOSsense2(SH-M08)のレビューはこちらの記事に書いていますので、よろしければご覧ください。

スポンサーリンク

開通の手順

ここからいよいよ開通の準備をしていきます。手順としてはつぎのとおりです。

〈IIJmio〉SIMカード準備~開通まで
  1. SIMカードをサイズに合わせてはずす
  2. SIMカードを端末にセット(電源はOFFの状態)
  3. 電源を入れ、APN設定(端末によっては、自動で設定されている)
  4. 開通の手続き

手順① SIMカードをサイズに合わせてはずす

音声SIM・説明書
IIJmioから届いたSIMカード
SIMカード

「マルチSIMカード」になっているので、使う端末のSIMカードサイズをよく確かめておきます。

SIMカードについての説明書き

ガードが入っているので、下から押し上げるとかんたんに外せます。

端末のSIMカードサイズに合わせてきりとる

手順② SIMカードを端末にセット(電源はOFFの状態)

新しい端末にSIMカードと(あれば)SDカードをセットし、電源をいれます。

SIMカード・SDカードトレイ

手順③ APN設定

電源を入れ、APN設定をします。説明書のとおりに操作していけば大丈夫です。

APN設定の画面の場所

【設定⇒ネットワークとインターネット⇒モバイルネットワーク⇒詳細設定⇒アクセスポイント名】
※AQUOSsense2の例

APN設定画面
設定画面の一例

端末によっては、SIMカードをセットして電源を入れると、自動でAPN設定が完了されています。


手順④ 開通の手続き

最後は、IIJmioのSIMカードをセットした端末で開通の手続き。
※開通はMNP予約番号の有効期限の前日までにすませておきます。

同梱の説明書(おうちでナンバーポータビリティ開通手続きのご案内)を見ながら作業すればカンタンにできます。

IIJmioオンデマンド開通センターに発信した後、音声ガイダンスにしたがって、端末の電話画面にあるダイヤルパッドに数字を入力していきます。

もし打ち間違えてしまっても一度通話終了してやり直せば大丈夫です。私は3回もやり直しました・・・

不通の時間はほとんどなく、 私の場合は数分もしないで開通できました。

開通すると、IIJmioからもメールで通知が来ます。

以上でDMMmobileからIIJmioへの のりかえが完了しました!

のりかえにかかった金額は?

※金額は、すべて「税抜」で掲載しています。

DMMmobileからIIJmioへの のりかえにかかった費用は全部で【3548円(税抜)】でした。

内訳はこちら
金額請求元
転出手数料3,000円DMMmobile
初期費用1円IIJmio
SIMカード発行手数料394円IIJmio
月額基本料86円IIJmio
音声通話機能付付帯料67円IIJmio
合計3548円
補足
  • 契約したのはIIJmio「タイプD・ミニマムスタートプラン(月1,600円)」
  • 初期費用はキャンペーン利用で3,000円→1円に
  • 月額利用料・音声通話機能付付帯料は、某月29日にIIJmioへ転入したことから、日割り計算で3日間分(29・30・31日の分)のみ

初月分の利用料金は日割り計算なので、その点は安心ですね

  • 転出手数料:3,000円
  • 初期費用:3,000円
  • SIMカード発行手数料:394円

の3つは固定でかかり、 月額利用料・音声通話機能付付帯料は転入した日に応じて日割り計算されるという感じでした。

ただし、初期費用は不定期に行われるキャンペーンでお得になる可能性あり!です。

    \公式でチェック/

まとめ

ここまで、DMMmobileからIIJmioにのりかえについてまとめました。

のりかえの作業は文章にすると面倒そうにも思えますが、いざ始めてしまえばスムーズに進めることができました。

のりかえから1か月がたちましたが、新端末へのデータ移行もスムーズにでき、端末の操作がまだ慣れないことを除けば特に大きな不便はなく利用できています。

同じような状況の方の参考に少しでもなれば嬉しいです。

IIJmio(みおふぉん)
タイトルとURLをコピーしました